あなたが、〇〇市役所です。 | 隣の公務員

あなたが、〇〇市役所です。

福井県福井市のハム太です。

だいぶ久方ぶりの投稿となってしまいました💦

さて、今回は、仕事のマイルールをご紹介したいと思います。マイルールとは、仕事をする上で大切にしていることです。

 普段仕事をする上で気にしていることは、どんな分野であっても、なるべく多くの情報に目を通すことです。

市民の方からみれば、職員はどんな所属に属していても職員であることに代わりありません。

つまり、どんな立場であっても、所属する自治体を背負うつもりで、仕事に臨まなければならないと考えています。
 この考えは、職員同士の連絡や調整などにも適用できる考えです。例えば、所属間で協力して政策をつくりあげる際や、議会の答弁を作成する際にも、「市民の方は結果を見てどのように思うのか」を意識することで、譲り合いや協働の精神が芽生えるきっかけになります。


また、この考えの効果として、所属ごとに力を入れている事業などの概要をつかんでおくことで、市民と対話する際にも、話すネタにもなります。

 我々は少し所属を意識すぎているのかもしれません。市民の方からすればどうでもよい話です。


 所属に固執することなく、市役所職員として仕事でできること、地域に還元できることを意識して生きることで、市役所職員の真の価値を発揮できると信じています。

最後までお読みいただきましたあなたは、これからどんな気持ちで仕事に向き合っていますか?

この記事を書いた人:ハム太
ハム太

福井市役所のハム太です。 自治体職員には、可能性しかないと信じています。家庭と地域と地球を大事にしたいです。

関連記事

  1. 上杉鷹山式業務改善

  2. 初めての「異動」で大事にしたい3つのこと

  3. 固定資産税課税というお仕事vol.8

  4. 朝に自分をリセットする

  5. 【もやもや公務員女子相談室】管理職だからやりたいことができる-柳田香さん

  6. 泣き虫公務員直伝!本音の苦情対応術