仕事ができる人の条件 第2弾

こんにちは、Masaです。さて、前回に引き続き、「仕事ができる人の条件 第2弾」をお届けします!(勝手にシリーズ化します笑)

それは、『優先順位を考える』です♪

地方公務員へ転職し驚いたことの一つに、「業務量の多さ」があります。そこで、私は【優先順位①・②・③】というクリアファイルを作成しました。日々仕事が増えるなかで、順位分けをする際には3点のことを大切にしています。まず、個人的な完了日(本来の期日より早め)を決めます。次に、仕事内容と私のスキルを考慮して、かかる日数を決めます。最後に、既存の仕事量との兼ね合いも考慮し、いつから取り掛かるかを決めます。それによって、優先順位①・②・③のどれに該当するかが決められます。

まとめるならば、『一つ一つが完了するイメージを持つ』でしょうか!私は『優先順位を考える』を日々継続していることで、仕事の効率が格段に上がっていると思います。

以上で、本日の記事は終えますね。どうもありがとうございました(^_-)-☆

この記事を書いた人:Masa

Masa

『おもしろき こともなき世を おもしろく』 大卒後5年半、民間企業に就職。1年ブランクの後、地方公務員へ転職。 30代を新たなキャリアでスタートし、これからにワクワクしているところであります!

関連記事

  1. 父になってみて

  2. セーフティネットの守護神

  3. 公務員、ランチどうしてるの?

  4. 泉州オフサイトEGG「せんたま!」

  5. 写真(婚姻届のサンプル)

    元号が変わった今だからやるといいこと

  6. ラグビーから学ぶ公務員のお仕事のコツ